勝新、たけし、ラスト座頭市は香取慎吾だ!…映画「座頭市 THE LAST」



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



勝新、たけし、ラスト座頭市は香取慎吾だ!…映画「座頭市 THE LAST」
 SMAP・香取慎吾(32)が映画「座頭市 THE LAST」に主演することが16日、分かった。盲目の侠客・座頭市を夫婦愛や友情を交え描く。勝新太郎さんが演じ人気シリーズとなったが、座頭市の権利者は今作を最後の映像化にする意向。香取は約10か月にわたり殺陣を特訓中で、居合斬りでは刀が風を切る音がするまでになった。阪本順治監督(50)のメガホンで来年公開予定。世界公開を目指している。

 香取は「自分が座頭市になるとは思ってもいませんでした。本当にうれしいです。勝新太郎さんが演じられた偉大な役、座頭市に挑戦できる喜びが大きいです」と語る。

 座頭市といえば“勝新”。1962年の映画「座頭市物語」で始まり映画は26作、ドラマは100本。2003年には北野武監督(62)が映画化しベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝いた。映像化の権利を持ち今作に企画で参加するセディック・インターナショナルの中沢敏明プロデューサーは「この先いかなるメディアでも『座頭市』を映像化することはしない」とコメント。香取が原作の座頭市に近く、最後を任せることを決めたという。従来の孤高のイメージを覆し、故郷の妻や友人との愛情、きずなを持つ新たな座頭市を描く。

 香取の見せ場は「仕込み杖(づえ)」から繰り出す素早い居合斬り。昨年6月から約10か月、殺陣を特訓。阪本監督は「腰の据わり方、重心を下げたときのさまが素晴らしい。今は刀を振ると風の音がします」。撮影は15日にスタートし、香取は全編を目を閉じて演技。抜刀や納刀に現れる座頭市の悲しみや、妻への愛などこまやかな感情を全身で表現する。

 香取は「気合は十分過ぎるほどです。クランクインから『座頭市』の最後を締めくくれる気がしました」と手応えを口にした。阪本監督とは初タッグで、10か月前から2人で役を練り上げてきた。阪本監督は「目をつむった瞬間、座頭市になっている」とたたえた。クランクアップは6月上旬の予定。北野監督の「座頭市」を配給した仏の「セルロイド・ドリームス」の出資が決まり、来年のカンヌ国際映画祭の出品と世界公開を視野に入れている。

 ◆映画「座頭市 THE LAST」 市(香取)は妻・タネのために、人を斬ることはやめ平穏な暮らしをしようと故郷に帰る。だが、故郷の村は非道な天道一家に牛耳られており、村民から助けを求められる。仕込み杖を再び手にした市だが、過酷な運命が待ち受ける。

 日記



<<三浦春馬 EXILEの新メンバー? | Top | DAIGO、「名探偵コナン」のアフレコ…「ハンパないストーリー」>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://lovetegoshiyuya.blog113.fc2.com/tb.php/949-62170162
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。