手越祐也出演 金曜ドラマ『ヤマトナデシコ七変化』



2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



金曜ドラマ『ヤマトナデシコ七変化』
2010年1月15日スタート 金曜よる10:00~10:54(初回は75分スペシャル)


▼スタッフ
製作著作:
TBS

原作:
「ヤマトナデシコ七変化♡」
はやかわともこ
(講談社「別冊フレンド」)

プロデューサー:
石井康晴
三城真一

脚本:
篠崎絵里子

演出:
石井康晴
ほか


みどころ
──俺たちが世界一のレディにしてみせる──
絶世の美男子とホラー少女の暴走ラブコメディ登場!!
亀梨和也が主演!
手越祐也、内博貴、宮尾俊太郎が華々しく
競演し、そしてヒロインには大政絢が決定!

怖くて笑えて泣けるロマンティックホラーコメディ!

 累計750万部を売り上げているはやかわともこの人気コミック「ヤマトナデシコ七変化♡」がついにドラマ化。カッコよすぎる自分に潜在的にコンプレックスを抱き、根は優しいくせについイライラと人に対して攻撃的に振舞ってしまう主人公・恭平と、“ブス”だというコンプレックスから“女”を捨て、暗闇と孤独の世界でしか生きていけない体質になってしまった超ホラー少女・スナコが織り成すラブコメディだ。
 ホラー少女であるスナコを「“レディー”に変身させてくれれば下宿代はタダ!」という提案に乗った万年金欠の恭平は、雪之丞、武長、蘭丸という超美形の3人の同居人たちとスナコ改造計画に乗り出す…。
 ある出来事がきっかけで“ブス”である自分を嫌い、ホラーの世界に一人閉じこもってしまったスナコ。一方、カッコよすぎるが故に様々な迷惑を被ってきた恭平も、自分がイケメンでなかったら何の価値もない人間なのではないかという不安を持っていた。外見に惑わされずに本当の自分を見てくれる人はこの世に存在するのか?自分に自信の持てない恭平とスナコは、合わせ鏡のようなお互いの存在をきっかけにして自分自身と向き合い、成長していく。

 美男子ながらケンカ最強の乱暴者、超短気な高野恭平を演じるのはTBSドラマ初主演となる亀梨和也。これまで比較的優等生の役柄を演じることの多かった亀梨が、無愛想で粗雑、ケンカ早い恭平をどう演じるか?亀梨は『3年B組金八先生』第5シリーズ(1999年10月~2000年3月放送)出演以来、10年ぶりに古巣・TBSの連ドラに帰ってくることになる。

 そして恭平の同居人はやはり美男子ばかり。女の子と間違われるほどのかわいらしさを持つ遠山雪之丞役に手越祐也。笑顔満点のムードメーカーだ。冷静で文武両道の織田武長役は内博貴。クールながら不器用な一面を持つ武長は、彼の持つイメージと良く合う。また、三度のメシより女好き、という王子キャラの女たらし・森井蘭丸をK-BALLET COMPANYのバレエダンサーでファーストソリストである宮尾俊太郎が演じる。
 一方、女を捨て、顔を隠し、暗闇でひっそり孤独に生きるヒロイン・中原スナコを演じるのは大政絢。雑誌・セブンティーンのモデルとしても活躍する彼女が今回、ヒロインに大抜擢された。フレッシュで元気いっぱいの笑顔を封印し、強烈なホラー少女に体当たりで挑む。

 それぞれにコンプレックスを抱えた5人の若者たち。彼らが自信のない自分を丸ごと受け止め、ポジティブに前に進むために必要なのは「自分で自分を好きでいられる」という想い。4人のイケメンと1人のホラー少女が巻き起こす大騒動は、従来の「イケメンもの」という枠にとどまらない、若者たちへの応援歌となるはずだ。

 日記



<<小池徹平、実際は肉食系…流行語大賞受賞 | Top | 手越祐也、亀梨和也、内博貴が「ヤマトナデシコ七変化」に出演>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://lovetegoshiyuya.blog113.fc2.com/tb.php/1148-9d86c891
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。