佐藤健、テレビ版「MW-ムウ-」で悪に染まる…



2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



佐藤健、テレビ版「MW-ムウ-」で悪に染まる…「仮面ライダー電王」での正義の味方から一転
 手塚治虫さんの禁断の問題作とされる「MW―ムウ―」が、7月4日公開の映画(玉木宏主演)と連動してドラマ化もされることが17日、分かった。映画の内容の数か月前をオリジナルで描く日テレ系「MW―ムウ― 第0章 ~悪魔のゲーム~」(6月30日放送、後9時)で、こちらの主演は佐藤健(たける、20)。映画に引き続き、若本仁志監督がメガホンを執り、生誕80周年を迎える手塚さんの世界観をドラマで浮かび上がらせる。

 「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」など子供たちに親しまれるキャラクターが登場する作品とは、まったく異なる手塚漫画「MW(ムウ)」。

 映画は、少年時代に漏えい事故で神経ガス「MW」を浴びてしまった結城美智雄(玉木)が、復しゅうのために“冷酷な殺人鬼”に変ぼうを遂げるストーリーだが、ドラマでは、映画の数か月前を描いたオリジナル脚本だ。

 不況で仕事と住居を失った青年・森岡隆志(佐藤)が主人公。隆志が結城の仕掛けたワナにはまり、自分の育った養護施設や愛する人を守るため、犯罪に手を染めていく物語。

 主演の佐藤は「仮面ライダー電王」でブレークしたデビュー4年目の若手注目株。大役にも「2時間ドラマなので、恐縮ながら、2時間ずっと出ています。ただ歩くだけのシーンでも、ちょっとした心境の変化を見せたいと思う」と気合十分。「映画と違うのは、等身大の人間の情に重点を置いているところ。人間が本当に残酷な、過酷なシチュエーションに立たされたらどうなるかを意識して演じている」と話す。

 一方、頭脳明せき、冷静な判断力、確信に満ちた言葉…。映画同様に、孤高のダークヒーローを演じた玉木は「隆志を巻き込んで、彼がタイムリミット以内に大事な人を守ることができるかを楽しむ役。善良な市民が巻き込まれていくところは、見ていてドキドキすると思う」とコメント。「ドラマは映画とは違ったストーリーですが、世界観は壊れていない。より映画につながる世界観が広がっていくと思う」と手応えを感じている。

 映画とドラマが連動した作品には、福山雅治主演の「ガリレオ」、伊藤英明主演の「252 生存者あり」などがある。いずれもヒットにつながっただけに「MW」も相乗効果が期待される。

 ◆佐藤 健(さとう・たける)1989年3月21日、埼玉県生まれ。20歳。高校2年時、原宿でスカウトされ芸能界入り。2006年、テレ朝系「プリンセス・プリンセスD」で俳優デビュー。07年、同局系「仮面ライダー電王」に主演。主な出演作にTBS系「ROOKIES」「ブラッディ・マンデイ」、フジ系「メイちゃんの執事」など。特技はブレークダンス、ルービックキューブ。血液型A。

 日記



<<加藤成亮、加藤夏希と20秒キス | Top | 加藤成亮、20秒のキスシーン>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://lovetegoshiyuya.blog113.fc2.com/tb.php/1005-d0f3da1e
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。